内藤 大助 ないとう だいすけ

PROFILE

生年月日
1974年8月30日
出身地
北海道 豊浦町
血液型
O型
身長
163cm

02年4月にはWBC世界フライ級王者ポンサクレック(タイ)に挑んだが日本人世界戦最短の1R34秒KO負け。
04年6月に中野博(畑中)を下して日本王座を獲得した。
05年10月にポンサクレックに再挑戦も7回負傷判定負けしたが、翌06年6月には小松則幸(エディタウンゼント)を破って東洋太平洋&日本の2冠を獲得した。
07年7月、3度目の挑戦でポンサクレックを倒して世界王座を獲得。
07年10月、初防衛戦では亀田大毅を倒し“因縁の対決”と呼ばれ一躍時の人となる。
ニックネーム“最短男”としてファンに親しまれ、現在も人気は衰える事を知らない。
164センチのトリッキーな右ファイター。

戦績

主要タイトル 第36代WBC世界フライ級チャンピオン